日本語 | 中文
假日経済

假日経済

連休による内需拡大を意味する。1995年に週休二日制が全国的に導入されて以来、2連休(中国語では「双休日」)は庶民のライフスタイルに大きな変化をもたらし、観光・レジャー産業の振興を呼んだ。2000年から政府はさらに消費の刺激による内需拡大をねらって労働節(5月1日)、国慶節(10月1日)の7連休案を正式に公布した。これによって、中国の人々は、春節(旧正月)と合わせて3つの7連休を享受するようになった。連休期間中は、全国的に旅行客が動き、観光、交通、サービス業などの産業に大きな効果をもたらし、「假日経済」という言葉が流行語になった。しかし、昨今の経済発展に伴い、長期休暇時に人の移動が集中し、観光地は人で溢れ、飛行機、鉄道のチケットが入手困難になる等、正常な社会経営に支障を来たし始めたため、2008年1月より休暇に係る法律が改正された。具体的には、労働節の連休を短くし休暇を分散させ、替わりに「清明節」「端午節」「中秋節」を制定し、3連休を増やした。

また中国においても、連休等を利用して海外旅行に出かける市民が急増している(10年5,739万人)。

Copyright ©2017 CLAIR all rights reserved.
京ICP备05081206号-1