日本語 | 中文
和諧社会

和諧社会

2004年9月の16期4中総で初登場し、胡錦濤国家主席が2005年年頭の短いあいさつの中で重ねて強調した言葉で、2005年3月の両会で中国が目指すべき社会像としてクローズアップされた。「和諧社会」の骨子は、経済成長が生んだ貧富の格差などの諸矛盾を解消し、社会、自然、人の調和のとれた発展を目指すことで、胡錦濤政権のキーワードと言える。具体的には、①貧困人口の減少、②教育・医療状況の向上、③社会治安と炭鉱など安全生産の改善、④収入格差拡大の緩和などの目標が掲げられ、「十一五」でも取り上げられている。この「和諧社会(調和のとれた社会)」という言葉は、マスメディアでも頻繁に取り上げられ社会全般に定着しており、政府はその実現に向けたさまざまな取組を進めている。

Copyright ©2017 CLAIR all rights reserved.
京ICP备05081206号-1