日本語 | 中文
京滬高速鉄道

京滬高速鉄道

京滬高速鉄道は、国務院が作成した、「中長期鉄道網計画」における「四縦四横」の高速鉄道幹線網の中の、「縦」の一路線である。「四縦四横」計画の他路線は、それぞれ細かい区間ごとに名前が付けられ計画・工事が進められているため、中長期鉄道網計画の中でも、距離や投資の規模は最大の高速鉄道プロジェクトである。一時に開業する高速鉄道路線としては世界最長である。北京・上海といった二大都市を結ぶ重要性から、中国の高速鉄道でもごく初期から政府機関の間で構想・計画が出ていた。総投資額は2,209.4億元であり、西部大開発の「西電東送」「南水北調」「西気東輸」「青蔵鉄道」や三峡ダム建設といったプロジェクトと並ぶ、中国の超大型プロジェクトであり、投資額は中華人民共和国建国以来最大といわれている。

運行形態については、最高速度が異なる2種類の電車を組み合わせ、北京南駅-上海虹橋駅を結ぶ。経由する省の省都から発する列車もあり多彩な経路で運行されている。特に中国の経済・技術発展を象徴するプロジェクトとして期待されている。

Copyright ©2017 CLAIR all rights reserved.
京ICP备05081206号-1