日本語 | 中文
自治体国際協力促進事業

モデル事業への支援

近年、地方自治体においては、友好・親善を目的とした国際交流にとどまらず、それらを基調としながら自らの持つ専門知識、人材等を活用した国際協力が積極的に展開されつつあります。
こうした中、地方自治体に対し、地域の特性を生かした多様な協力、対等な協力関係に基づく住民参加型の協力、そして中国をはじめ相手国・地域の要請にあったきめ細やかな協力への期待が高まっています。
このため、CLAIRでは、1996年度から、地方自治体が行う中国をはじめ各国との国際協力事業で先駆的な役割を果たす事業を「モデル事業」として認定し、積極的な支援を行っています。
2012年度については、17事業を認定し、うち、中国関係については3事業を支援しました 。

■平成24年度自治体国際協力促進事業(モデル事業)

日本
自治体
事業名 対象
自治体
分野 事業内容 連携団体
岐阜県 中国江西省花き流通システム改善支援事業 中国江西省 中国江西省の花き産業育成支援のため、岐阜県が有する流通ノウハウや生産者の経営理念などを中国江西省の花き業界関係者に紹介することで業界全体の意識改革を図り、同省花き産業の発展を加速化させる。
・花き消費動向及び流通事情調査
・経営者セミナーの開催
・産地研修会による産地指導
松江市 吉林省・吉林市における環境保全支援事業 吉林省吉林市 分別による家庭ごみの出し方改善や事業所ゴミの減量化は吉林市の重要な課題であるため、日本の分別マニュアルを提案し、行政と住民が一体となった意識改革をすることで、対象地域の生活環境の改善の実現を目指す。
・現地で行政・市民を含めた講演等の指導会
・分別・リサイクルの専門研修を松江市で開催
大牟田市 中国山西省北部におけるアルカリ土壌改良緑地協力事業 中国山西省大同市 これまで現地で実施してきた緑化技術を実用化に繋げていくため、植栽基盤に目を向け、植栽した樹木が健全に生育するための土壌改良技術の習得を行う。
・緑化専門家を派遣して試験苗圃を完成
・職員を招聘し緑化技術スキルアップを支援
島根県
松江市
寧夏回族自治区・銀川市の有機農業技術事業 銀川市 農業 健康志向や食の安全に対する意識の高まる中国で、質の高い有機米の生産を向上させていくため、農業についての技術指導を行う。それにより銀川市の地域経済を発展させ、ひいては日本の農機具メーカーの販路拡大を図る。
・有機米の生産性向上に関する研修(研修生受入)
・銀川市の実態把握とアドバイス(専門家派遣)
・島根大学
・寧夏大学国際共同研究所
・NPO法人日本寧夏友好協会
福岡県
大牟田市
中国大同市における粒子状物質PM10とPM2.5防止環境対策の確立並びに環境改善協力事業 大同市 環境 石炭出炭量が中国一の大同市は、経済成長する反面、PM10やPM2.5による大気汚染等の深刻な環境問題を抱えている。それらは日本にも飛来し、本市の地域住民の健康への影響が懸念されている。石炭産業の町として発展し大気汚染公害を克服した経験を踏まえ、環境対策と環境教育の確立へむけて支援を行う。
・エコロジー緑化並びに環境教育の共同実施による環境対策の確立
・現地スタッフに対するサンプリング指導やPM研究並びに資源循環型社会作りの研修(研修生受入)
・埼玉県環境科学国際センター

※ 自治体国際協力交流事業(モデル事業)の詳細については、こちらをご覧ください。

Copyright ©2017 CLAIR all rights reserved.
京ICP备05081206号-1